赤外線建物診断師育成機関

赤外線建物診断は街と暮らし環境再生機構のトップページへ戻る

街と暮らし環境再生機構ブログ
  • TERS会員の活動

  • イベント・セミナー・研修

  • 赤外線診断実施のご報告

イベント・セミナーに関して
<b>【赤外線建物診断技術とドローン技術の複合活用による新展開セミナー開催のお知らせ】

既存住宅売買時に「インスペクションン実施の確認」を行うことや、

インスペクション実施後の建物を「安心R住宅」としてその価値を高めるなど

既存住宅流通の活性化策が注目されています。

これらを背景とし、二次インスペクション構築を目的とした共催セミナーを

赤外線建物診断技術の研修と資格制度を推進しているTERS「一般社団法人街と暮らし環境再生機構」、

ドローンの有効活用を柱に建設業界が中心となる「一般社団法人 災害対策建設協会 JAPAN47」、

建設業界にビジネスツールを提供するLIXILグループの「K−engine」が開催致します。

【セミナー内容及び日程】


●第一部:「インスペクションの動向と赤外線診断技術の位置づけ及びドローン技術との複合活用」

・インスペクションにおける二次診断としての赤外線診断の活用

・赤外線診断を実施するために必要な技術、知識とその取得方法

・ドローン技術との複合技術の構築とその推進

講師:TERS(一般社団法人街と暮らし環境再生機構)

時間:13:30〜14:30


●第二部:「JAPAN47が進めるドローンの見える化点検」

・災害対策の見える化点検活用

・見える化点検を合同訓練に活用する方法

・建設用ドローンプログラム

講師:DSJ(一般社団法人 災害対策建設協会 JAPAN47)

時間:14:40〜15:40


●第三部:「インスペクションに伴うリフォーム提案、IT活用のよる業務効率化のポイント」

・簡易赤外線診断からリフォーム工事を提案する方法とは?〜赤外線カメラ活用で業務時間50%削減〜

・中古を買ってリフォームのスピードに対応する方法とは?働き方改革・高生産な営業手法

〜iPad×ITツール活用で業務時間40%短縮〜

講師:株式会社K−engine(LIXILグループ)

時間:15:50〜16:50

【会場】

・日時:平成30年4月6日(金)13:30〜17:00  受付:13:00〜

・会場: 緑ヶ丘文化会館:目黒区緑が丘2丁目14番23号

定員50名(事前申込制、先着順]

受講料:無料

詳細、お申込みは一般社団法人 街と暮らし環境再生機構の下記URLから。

http://www.ters.or.jp/e3.html

「赤外線建物診断技術の向上と普及を考える会」東京・大阪で開催

赤外線サーモグラフィーを活用した建物診断の知識・技術を普及させるために、
赤外線診断技術を高めるために何が求められるかを考えるセミナーを開催致します。
同社団は、1,500名を超える「赤外線建物診断技能師」の資格保有者に資格取得後の
推進状況や診断における課題などのアンケートを実施致しました。
そのデータを基に赤外線建物診断の実態を把握し、市場で求められる技術の構築を目指すセミナーです。

【セミナー内容・日程】
第1部:「赤外線診断事例から見る技術力」
   
  ・雨漏り診断事例
  ・外壁劣化診断事例
  ・定期報告制度に対応するための診断計画
  ・診断受託例

第2部:「赤外線診断技術の認知度を高めるためにすべきこと」
     
  ・インスペクション推進における赤外線診断技術の位置づけ
  ・赤外線診断技術に求められていること 
   「行政や社会的な認知の向上」
   「診断データ構築と技術の信頼度向上」
  ・データ構築と信頼度向上のための意見交換会

【大阪会場】
 日 程:平成30年2月16日(金) 13:30〜16:30
 会 場:エル・おおさか(大阪府労働センター)南71

【東京会場】
 日 程:平成30年2月20日(火) 13:30〜16:30
 会 場:池上会館 視聴覚室
定員50名

詳細、申込は一般社団法人「街と暮らし環境再生機構」ホームページから
URL:http://www.ters.or.jp/e3.html

提供:工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所