赤外線建物診断師育成機関

赤外線建物診断は街と暮らし環境再生機構のトップページへ戻る

■第三者機関としての公正中立的な立場で「赤外線建物診断」

公的資格『赤外線建物診断技能師』制度を運営する立場として、お客様にとって公正・中立的な第三者機関の立場で赤外線による雨漏診断・外壁劣化診断を行います。赤外線建物診断については、赤外線建物診断技能師の資格を取得したTERS(一般社団法人街と暮らし環境再生機構)正会員が赤外線建物診断を実施し、TERSが診断報告書の公正性・適正性を確認した上で、TERS正会員より、お客様にご報告いたします。


雨漏り診断スキーム


■本雨漏り診断における診断体制と責任の範囲について

*診断体制について

診断実施者および診断報告書作成    :TERS正会員
診断報告書内容の適正性・公正性の審査:一般社団法人 街と暮らし環境再生機構


*診断報告書の責任範囲について

本診断書は雨漏り・外壁劣化など客観的な状況を画像化し、それに基づき推定される修繕策に導くものです。従って紛争・トラブルなどの解決のご協力などはお受けできません。
また、雨漏り再発防止を保証するものではありません。


*診断報告書に対する第三者機関の適正確認について

・一般社団法人街と暮らし環境再生機構が中立・公正な第三者機関として本診断報告書の以下の事項を審査しております。


【審査事項】
1. 事前調査書に基づいた「雨漏り指摘箇所」を撮影しているか
2. 赤外線診断に適した気象条件下で撮影しているか
3. 赤外線診断が可能な角度・距離を保持しているか
4. 雨水滞留箇所・劣化箇所など分かりやすく指摘しているか
5. 診断判定に過度な表現がなされていないか


*診断報告書におけるご了承事項

・赤外線建物診断は、赤外線サーモグラフィー・目視・打診等を活用し、客観的なデータにより雨漏り・漏水箇所の原因・ルートを推定するものです。この雨漏り・漏水箇所の原因・ルートを推定することが、受託範囲であり、雨漏り・漏水の修繕の結果を保証するものではありません。
・本診断調査日(物件撮影日における診断報告書提出日)以降に、発生した地震、台風・強風等自然災害等により、建物に損傷等を与える要因が発生した場合においては、本診断における報告書と異なる状況にあります。それら自然災害等が発生した以降の雨漏り・漏水箇所の原因・ルートについては、本診断報告の範囲外とさせていただきます。
・現地撮影調査日が雨天の場合は、現地調査日が順延になります。また、現地調査日順延に伴い、診断報告書提出日が順延になります。



■赤外線診断業務(ご相談・ご依頼・診断業務委託〜診断報告書提出までの流れ

1.建物診断のご相談・ご依頼・診断業務委託(確認・打ち合わせ)

まずは雨漏・外壁劣化状況のヒアリング・資料の入手等により、事前調査の上、お客様ご要望事項について、適正な診断が可能かどうかの判断をさせていただき診断受託可能かどうかの判断をした上で、具体的な調査内容を決定します。


※お客様には、事前調査書にご記入および、図面、雨漏り箇所、建物外観写真をご準備いただきご提出いただきます。
下赤外線建物診断の事前調査書はこちらから  >>
※図面が無い、診断現場を下見しなければ見積もりが作成できない場合は、一度現場下見みに伺った上で御見積もりいたします。事前現場下見は有料となります。
※事前調査結果によっては、適正診断結果が確保できないことが想定される場合には、診断受託ができない場合もあります。

2.対象物の撮影・現地診断

赤外線カメラを使用して建物を撮影いたします。現地撮影については赤外線建物診断技能師の資格を保有したTERS正会員企業が撮影いたします。撮影は、戸建雨漏診断・5階建マンション外壁劣化診断撮影の場合半日〜1日、5階建〜10階建程度のマンションの場合2日間の撮影日程を要します。現地撮影の際には、外壁の劣化状況及びその要因となっている事象を目し確認、打診確認等を併用して診断いたします。


3.解析診断

4.報告書提出

診断内容をお客様にわかりやすく報告書にまとめて改善方法と共にご提供、補修や保全対策の立案にお役立ていただけます。TERS正会員がまとめた報告書が公正で適正な内容で、かつお客様にとってわかりやすい内容であること等について、TERSが確認、精査した上で、TERS正会員より、お客様にご報告させていただきます。



※診断報告書の提出は、報告書郵送及び電話にてご説明とさせていただいております(無料)。ご自宅へ訪問しご説明する場合には、有料となります。


■TERS「赤外線建物診断」の費用について
赤外線建物診断費用


■TERSへの「赤外線建物診断」のご相談及びご依頼について

ご自宅または、保有の建物の雨漏り、または外壁の剥落・劣化等に関するご相談の方、及び
ご自宅または、保有の建物の雨漏り、または外壁の剥落・劣化等に関する赤外線建物診断のご依頼の方は、下記よりお問合せ、ご依頼ください。
お電話によるお問い合わせは、【044−201−7411】まで、ご連絡ください。



!赤外線建物診断のご相談はこちらから  >>

!赤外線建物診断のお申込はこちらから  >>

 赤外線建物診断の事前調査書
  !赤外線建物診断の事前調査書(雨漏り診断)はこちらから >>
  !赤外線建物診断の事前調査書(外壁劣化診断)はこちらから >>



「赤外線雨漏り診断」の対応エリアについて

第三者機関の赤外線雨漏り診断として現在対応させていただいているエリアは次の通りです。
・首都圏エリア:(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)
・東海圏エリア:(愛知県、静岡県、三重県、岐阜県)
・関西圏エリア:(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
※上記のエリア内であっても、対応できない場合もございます。ご了承ください。

※基本的には、上記3エリア(首都圏、東海圏、関西圏)での雨漏り診断への対応をさせていただいておりますが、上記3エリア以外で、雨漏りにお困りの方も、ご相談ください。ご相談内容の状況によりますが、なるべく対応できるよう善処させていただきます。

提供:工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所