赤外線建物診断師育成機関

赤外線建物診断は街と暮らし環境再生機構のトップページへ戻る

【赤外線建物診断技能師研修】
安心・安全な街・暮らし環境の再生に関わる中小企業の技術やサービスの提供・支援を目指す一般社団法人 街と暮らし環境再生機構(神奈川県川崎市・代表理事:岡村清孝)は、 社会に不可欠な技術やサービスを一般化に導く支援を行う厚生労働省認可機関(2016年8月より内閣府認可)の財団法人 職業技能振興会と協力し、建物診断業界の第三者機関として「赤 外線建物診断技能師」の研修並びに資格認定試験制度を発足致しました。
詳細を見る⇒


【赤外線建物診断】
TERSでは、第三者機関として中立・公正な立場で、赤外線サーモグラフィを主とした赤外線建物診断をいたします。赤外線建物診断の対象となるものは、雨漏りの原因・ルートの特定、大規模改修における外壁の浮き・剥離の状況診断、特殊建築物の定期報告制度における外壁劣化診断です。
詳細を見る⇒

提供:工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所